2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 大変、ご無沙汰しております | トップページ | 寝相、悪過ぎw »

2011年11月23日 (水)

パフィの中にいるもの…

先週、頂いてきた<細胞診>の結果です。

Photo_2


最終宣告を受けました。
インターフェロンの打ち切りをススメられました。
もう投与しても.....だ、そうです。
私が希望すれば、「投与します」との、事でした。
「いままで良く頑張りました」.....の、先生のお言葉。


まだ、パフィ、生きてますよ!
先生、パフィ頑張ってますよ
インターフェロンの投与は、悩みました。
正直、テレビで騒がれてるような、副作用があるとしたら
投与でパフィを苦しめてるのかもしれません。
姫マツタケは、切れてしまったので
頼もうと思います。

正直、どうしていいか分りません。
先生は「希望のお薬を出します」との事で
こちらで、お願いして、痛み止め、胃薬、抗生剤、ステロイド
を、出して頂きました。


ご飯を2日前から、少し残すようになりました(少ない量なのに...)
水は、たくさん飲みます!

頑張れ、パフィ!

たながね...一人じゃ、お散歩、すぐ帰る!帰る!って、キューキュー鳴いて、引っ張るの
家じゃ、パフィ姉ちゃん、踏みつけて歩いてるのにねw

アイくんと一緒なら、お散歩出来るんだけどね、たなw
でも、アイくんじゃ、歩行が違すぎて
ママが、大変なのだよ〜〜〜〜〜〜

お散歩、楽しいでしょ?
みんなと行くと、大はしゃぎなんだけどねw
まあ、しばらくしたら、すぐ帰る!だけどねw


パフィがいなくても、独り立ちできるようにしなきゃダメだよ!たな!

頑張ろうね、たな!

« 大変、ご無沙汰しております | トップページ | 寝相、悪過ぎw »

鼻腔腫瘍」カテゴリの記事

コメント

今日もパフィちゃんの頑張る姿に元気を貰っています。
我が家の先住犬は脳腫瘍を患いましたが(14歳過ぎでしたが摘出手術を受けました)後に心臓病他の疾患も抱えることになり、手術に踏み切るのも、その後の治療についても本当に本当に悩みました。しかも考える猶予も余り無かったので、あいか様の苦悩が少しわかる気が致します。
愛犬に『あなたはどうしたい?家族にどうして欲しい?』と聞けたらどんなに良いかと思ったのを思い出します。
大切な家族同然の愛犬にベストと思える選択をしてゆきたいですが何が最良なのか・・難しい所ですね。私自身は後々振り返った時に
『多少の心残りもあるけれど、あの時は出来る限りの事をやりつくせた』
と思える様にしようと努めて選択し、実行しました。
あいか様が最大で最善のサポーターだとパフィちゃんもきっと分かっていると思います。一緒に過ごせる日が一日でも長く続くように祈ってます!ワンコの闘病に付き合うのも体力勝負だと思いますので、体調にも十分お気を付け下さいね。

>ササキ様 コメントありがとうございます。本当に、本当に、後悔ばかりです。これで治療は良かったのだろうか、本当は完治出来たんじゃないか....とか....。
自分の事も考える機会になりました。
自分がもし、癌になった時は...母が癌になった時は....。
ササキ様の愛犬も、大病になったのですね...。
ワン子も元気で長生きが一番いいのですがね

治療法...きっと、どれを選んでも後悔するかもしれません。
完治以外は....

コメントありがとうございました。
出来るだけ、パフィには、痛みをとってあげえる方法で....がんばりたいと思います。
ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パフィの中にいるもの…:

« 大変、ご無沙汰しております | トップページ | 寝相、悪過ぎw »